外構工事はハウスメーカーに依頼してはいけない:中間マージン

ハウスメーカーや地元工務店で新築を建てられる方の場合、外構工事(エクステリア工事)も同じ会社に依頼するパターンが多いです。普段からやり取りをしているので信頼関係があり、建物との相性も考えてデザインや提案をしてくれるからです。

ただ、ハウスメーカーや工務店の場合、家の専門家であるため、エクステリアに関しては専門外です。そのため、庭の設計やアドバイスををしてくるものの、実際に工事を行うのは提携している下請け業者です。このとき、20~30%前後の中間マージン(手数料)が発生します。

中間マージンは無駄でしかない

例えば、手数料が30%の場合、100万円のエクステリア工事を行う際に30万円はハウスメーカーや工務店がチャージすることになります。そのため、下職(したしょく:下請け業者)は残りの70万円で100万円分の外構工事を行わなければいけません。

つまり、ハウスメーカーや工務店にエクステリア工事を依頼しても、実際の工事は下請けの外構専門業者(エクステリア業者)に工事を丸投げしているということです。

このとき、デザインや設計が決まっているにも関わらず、残された予算の中で施工しなければいけなくなります。その結果、利益を上げるために材料の質を落としたり使用する量を減らしたりして手抜き工事を行う業者が現れます。

このことを理解すると、ハウスメーカーや工務店にエクステリア工事を依頼したとしても、工事費用が高い上に質の悪い工事をされるリスクがあることが分かります。

もし、「質の高い外構工事を適正価格で施工してほしい」と願うのであれば、自社施工(一つの会社が設計から施工までを行うこと)のエクステリア業者に工事を依頼することをお勧めします。

自社施工の強み

一つの会社が設計から施工までを一貫して行うことで、中間マージンのような無駄な費用は一切なくなります。すると、工事費用を安く抑えることができる上に、高品質な工事を実現できるようにします。

例えば、100万円のエクステリア工事を施工する場合、全ての金額を工事に使用できます。そのため、手数料として消えるはずだったお金で工事のグレードをアップしたり家具を買ったりすることができるようになります。

また、間に業者を挟んでいないため、追加の要望や不安に思っていることをダイレクトに伝えることができます。

ハウスメーカーや工務店の場合、打ち合わせとは違う作業をしているのを見つけて現場にいる職人に文句をいったとしても、「元請け業者に言ってください」と言われてたらい回しにされる可能性があります。

一方、自社施工のエクステリア業者であればその場で打ち合わせをしたり設計の変更をしたりできます。また、全てが自己責任になるため、責任逃れをするようなことがありません。

ここまでの述べてきた内容を考慮すると、外構工事は専門家であるエクステリア業者に直接依頼するのが無難であることが分かります。

ただし、外構専門業者であっても、手抜き工事をして利益を上げている会社はたくさんいます。実際、「優良業者」と呼ばれているエクステリアの会社は一握りしかいないため、業者選びは慎重に行うようにしましょう。

もし、「どのように業者を選べば良いか分からない」という場合は、無料お見積りを試してみると良いです。見積りを依頼することで、業者の対応や工事金額を事前に確認できるので悪徳業者に出会うリスクを最小限に抑えることができます。

このとき、相見積もり(あいみつもり:複数の会社に見積もりを依頼すること)を行うことをお勧めします。見積りを取る会社が一社だけでは、比較することができないからです。

エクステリア工事を行う際は、完全自社施工の会社に相見積もりを依頼して、一番信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

特別小冊子のプレゼント

さらに、問い合わせをしてくださった方に対しては、無料で特別小冊子をプレゼントしています。 エクステリア工事を成功させる3つの方法 「どのようにすれば価格を抑えながら、高品質の工事を実現できるのか」「悪徳業者の見分け方としては、どのようなものがあるのか」などを含め、詳細に記した特別冊子になります。 もちろん、依頼したからといって必ず弊社に工事を依頼しなければいけないというわけではありません。「冊子の内容を見てみたい」という問い合わせであっても問題ありません。

静岡県東部・中部の外構会社:MKプランニングへ工事を依頼する

外構工事を考えている方へ

メールで問い合わせ

フリーダイヤル08005004128