ウッドデッキの下は土間コンクリートと砂利敷きのどちらが良い?

お庭の利便性を大きく変えるウッドデッキ、その下に土間コンクリート(どまこんくりーと:地面に直接流し込んだ平らなコンクリート)か砂利敷きを選択する際、あなたはどれだけの知識を持っているでしょうか。

このページでは、どのような工法でどれくらい金額がかかるのか、さらには悪徳業者がどのような施工をするのか解説します。

もし、知識不足で安さだけを売りにした粗悪なエクステリア業者に依頼してしまうと、強度がなく壊れやすい仕上がりになってしまい危険な土間コンクリートを提供されてしまいます。通常よりも金額が安価な分、作業工程を減らしているからです。

また、大手企業やホームセンターなどの「自社で施工せず下請けに流す会社」の場合、通常の価格より、2~3割程度の割増料金を取られてしまいます。

こうした危険性を防ぐためにも、あなた自身が知識を身につけて、優良業者を見つけ出すことが必要になります。

そこで、このページでは、お庭のウッドデッキ下に施工する土間コンクリートと砂利敷きに関する費用の違いや施工手順を解説していきます。

1.なぜ、ウッドデッキ下は土間コンクリートか砂利敷きを施工するのか

あなたがお庭にウッドデッキを施工する場合、土間コンクリートと砂利敷き、この二つのどのようなメリットが期待できるでしょうか。

ここでは、その二つの意味を考えていきます。

土間コンクリートには、「メンテナンスが不要」「雑草が生えなくなる」砂利敷きには、「値段帯が安価」「雑草が生えてくる危険性を和らげる」などが挙げられます。

たとえば、土のままになった地面とコンクリート、砂利敷きでは明らかな違いがあるのは言うまでもありません。もし、ウッドデッキ下が雑草だらけの場合、見栄えが悪いどころか衛生面も不安になります。

また、最近では様々な雑草対策の方法があります。しかし地面をコンクリートにすることが1番の対策と言えます。それは、どんなに強い雑草であっても貫通することはできないからです。

砂利敷きでは、防草シート(ぼうそうしーと:雑草を生えにくくするためのシート)を敷きその上に砂利をかぶせます。このシートは数年経つと、経年劣化により少しずつ雑草が生えてきます。しかし、ウッドデッキ下は日陰になり元々生えてきづらい場所になります。

このように地面を土にままにせず手をかけることにより、メリットが生まれてくることは理解できたはずです。

次は、弊社(MKプランニング)の土間コンクリート、砂利敷きの施工手順と費用について解説していきます。

2.土間コンクリートと砂利敷きの施工手順と費用

ここでは、ウッドデッキ下に行う土間コンクリートと砂利敷きの実際にお見積りに出す金額を以下に分け、ご紹介していきます

2-1.土間コンクリートの施工手順と費用

土間コンクリートを施工する際、掘削作業、残土処分、砕石敷き、土間枠、ワイヤーメッシュ敷き、生コン打設の順に施工していきます。この手順の費用を以下の表に1m、1㎡、1㎥でまとめます。

工事内容 数量 単価
①掘削作業 1㎡ 1,200円
②残土処分 1㎥ 4,000円
③砕石敷き 1㎡ 1,200円
④土間枠く 1m 900円
⑤ワイヤーメッシュ敷き 1㎡ 800円
⑥生コン打設 1㎡ 3,500円

2-3.砂利敷きの施工手順と費用

砂利敷きを施工する際、掘削作業、残土処分、防草シート敷き、砂利敷きの順に施工していきます。この手順の費用を以下の表に1m、1㎡、1㎥でまとめます。

工事内容 数量 単価
①掘削作業 1㎡ 1,200円
②残土処分 1㎥ 4,000円
③防草シート敷 1㎡ 750円
④砂利敷き 1㎥ 900円

(広さや工事条件等により変動することがあります。ご了承ください。)

3.まとめ

結果、土間コンクリート工事の方が大幅に金額がかかってしまいます。

ですが、施工してしまえば、ウッドデッキ下をメンテナンスする必要がなくなるのです。

しかし、土間コンクリートを撤去する予定があるならお勧めしません。

なぜなら、コンクリートを撤去するには、莫大なお金がかかってしまうからです。

その対策として砂利敷きがあります。コンクリートのメンテナンスの良さと比べてしまうと衰えてしまいますが、安価に施工できることが最大のメリットです。

また、詳しい金額が知りたい際は、お近くのエクステリア業者に問い合わせてみましょう。

さらには電話する際、自社施工のお見積書の記載内容が細かい方が良いです。つまり、親切な会社を選択しましょう。

そして金額のみで工事を決めてしまうと、ただ単純に安くするために手順を省く「手抜き工事」をする悪徳業者に依頼してしまう可能性があることを肝に銘じてください。

この記事をご覧くださったあなたが、優良企業の会社と繋がることを願っています。

外構工事を考えている方へ
メールでお問い合わせする
問い合わせ電話