シンプルナチュラルテイストのオシャレなお庭:静岡県富士市

本記事では、静岡県東部の富士市増川で行ったエクステリア工事をご紹介します。

お客様より、「全体的に美しい曲線のあるお庭にしたい」とのご相談をお受けしました。

そのため、外構において様々な箇所で直線的にならないような配置・素材を意識してプラン作成させていただきました。

また、玄関前のアプローチは段が出来るように乱形タイル(乱形石)を施工してほしいとのことでしたので、こちらを施工に取り入れていきました。乱形石とは天然石を大小様々な大きさに割った石材の事です。

植栽部には割栗石(わりぐりいし:こぶし大の石)を使用して壁等で仕切らずに立体的なお庭を演出しました。

本記事では、実際の施工写真や使用部材の紹介をします。

1.施工箇所紹介

上記のような図面のもと施工をしていきます。

ここでは、実際に外構工事を行った様子の写真や使用した製品をご紹介させていただきます。

弊社がどのような製品を扱い、部材を用いてエクステリア工事を行うのかを認識してもらえれば幸いです。

1-1.駐車場の土間コンクリート

駐車区間の幅で伸縮目地を入れるのが一般的ですが、本工事ではサイコロ状のレンガを曲線に設置してスパンを区切っています。

均等なアーチ状になっていて、他の施工方法も全体的に曲線のあるデザインの為、統一感が増し強調されています。

ここで使用したピンコロ材は、下記写真の「TOYO工業 プリコロ」を採用しました。

こちらの商品は、平面に設置してもおしゃれですし、2段以上積んで花壇等にするのにもかわいい素材となっています。

2色以上組み合わせて使用することもできます。

土間コンクリートの両サイドには、割栗石で土留めをして植栽を植えました。

1-2.玄関前のアプローチ

 

駐車場から玄関までの道のりのアプローチ。ここでは、歩きやすさを重視するため、下記写真の「TOYO工業 ヴィンテージウッドペイブ」の踏み石を採用しています。

飛び石をさらに引き立たせるため、化粧砂利を敷かせていただきました。

TOYO工業のミルストーンという商品です。

そして、冒頭でも述べました乱形タイルは段が出来るように施工していきました。

玄関ポーチは家の一部としてハウスメーカー側で施工が完了していることが多いです。その玄関ポーチの延長として乱形タイルを設置しました。

乱形石は、「TOYO工業のオークルストーン アスール」を使用しております。

縁取りには、駐車場のコンクリート目地と同じ種類のTOYO工業のピンコロ石を並べました。

1-3.ウッドデッキ

こちらのウッドデッキは、「三協アルミ ひとと木2」を使用しました。天然木の様な凹凸加工になっておりますので、温もりのある質感です。

道路から見える場所に設置したウッドデッキは、お庭までの効率の良い動線を確保できます。日当たりの良い場所に設置したので洗濯物を干す場としても最適の場所となりました。

デッキ前には天然芝を張りました。

天然芝はお手入れの手間はかかるものの、導入時のコストを抑えることが出来ることの他に、火にそこまで注意がいらないので、BBQや花火など芝生の上で楽しむことが出来ます。

そして葉が柔らかく、ペットや子供が裸足で走り回っても痛くなく、安全です。

1-4.その他の施工

LIXIL スパイクスボットライト」をデジタルタイマーに接続する事により夜になると自動でライトアップされます。

ライトアップで外壁にシンボルツリーを映し、外構を美しく投影してくれます。

また、タイマー式ですので暗くなったら自動で点灯して設定した時間が経過すると勝手に消灯します。

ポストは、下記写真「デザインワークス bobi ボルドー」を使用。

エクステリア・家の雰囲気にとても合っている商品です。

カラーをボルドーにしましたので、目立ちつつ大人の雰囲気を演出します。

天然芝、シンボルツリーなどといった全体的に茶色×緑のガーデンにボルドー色のポストを置くことによってまとまりのあるオシャレな仕上がりになりました。

まとめ

これらの商品を使用して、ナチュラルテイストのお庭を完成させることができました。

玄関までの動線に曲線を作ることで、直線よりも奥行を感じやすくプライベート空間との区切りをつけることが出来ました。

また、このお庭の植栽周りには赤いスコリヤを敷くことにより植栽の緑色がより映えて、素敵な雰囲気になりました。

シンボルツリーには、落葉樹を植えさせていただきましたので、芝と一緒に色彩変化しますので1年の季節を楽しむこともできます。

この度は、弊社に工事のご依頼を頂きまして誠にありがとうございました。

外構工事を考えている方へ
メールでお問い合わせする
問い合わせ電話